上司からレイプされ、調教され何度も中出しセックスされた体験談

上司にレイプされる
上司にレイプされる

26歳の会社員です。私は、一応結婚していて夫がいます。

でも、いつも、職場でも男の人たちは、私が結婚していることを知っていて誘おうとします。

「人妻」というのは、一つのブランドなのですか?

男の人たちは結構若い子が好きだと思っていましたが、「人妻」というのは後腐れなく遊べて捨てれば良いんだという、そんな気楽さの対象なのですか?

私は、上司に無理やりレイプされました。部長は、私が結婚しているのを知っていて、私に関係を迫り、レイプしたのです。

私は、仕事で新しいプランを提出することになっていました。自分が中心になるのは初めてで不安だらけだったときに、その隙をつかれたのです。

藁にもすがる思いだった私は、「相談に乗る」という声に、疑いもなく出かけ、そしてレイプされてしまいました。

最初は、きちんと仕事の話をしていたのです。でも、部長は必要以上に私の身体に触れだんだん妙な動きをするようになりました。

そのイヤらしい動きに、私が堪えきれなくなって立ち上がってお茶をいれようとしたとき、私は後ろから抱きすくめられていました。

私は悲鳴を上げました。

でも、抵抗しようにも腕も動かせず、身体をねじろうと暴れてみても部長の腕に私の身体はしっかりと抱きしめられていました。そして部長は、

「仕事、上手くいきたいんだろ。絶対上手くいくようにしてやるぞ」

と言ったのです。

「俺の力がいるな。この書類を完璧にして、口添えしてやってもいいんだぞ」

私は、その言葉の意味を理解したとき、一瞬迷ってしまったのです。

「どうしよう・・・こんなのいやっ・・でも・・・」

私は、本気で抵抗することが出来無くなっていました。

見透かしたように、部長は私の耳を「ペロッ」っと舐め始めました。

手は強引に服の中に入ってきて、ブラジャーの上から胸を揉み始めました。

気持ち悪い・・・ 私は総毛立つ思いでした。

最初はひたすら嫌悪感に堪えるのに懸命でした。

部長の手が、だんだん身体中を這い回りました。首の周り、胸、脚・・・その間、部長の舌は私の耳や首をなぶり続け、私は「ジットリ」と汗ばんでいました。

服を脱がされ、ブラジャーのカップを剥かれました。とうとう露出させられた私の乳首。

あぁ・・・見られてしまった・・そうショックになったのもつかの間、

部長の口に乳首を含まれていました。

口の中で、乳首の先に「チロチロ」と舌が這い回るのが分かりました。

「・・・うんぅっ!いやっ、いやっ!」

叫んで、部長の顔を両手で引き剥がそうとしましたが、私の背中にまで手を回して、強く抱きしめられてしまうと、どうしようもありません。

抱きしめられて、胸を舐められるがままになるしかありませんでした。

実は私・・・乳首がとても弱いのです。

自分が弱いと分かっているところを、長い時間愛撫され続けるのは、この場合とても残酷でした。

私の大切な所はだんだん濡れてきていました。

左右の胸に、代わる代わる舌が巻き付いてきます。舌が乳首の周辺を這い回り、頂上の部分を突つかれ、唇で吸われると、おまんこが熱くなり「ジーン」としてくるのです。

今まで、夫で覚えた性感が恨めしくなりました。部長はテクニシャンでした・・・

舌に乳首を転がされると、身体がピクンと反応してしまいます。

身体に刺激を受けて、エッチな気分が少しずつ、無理矢理高められていくのです。

「んはぁ・・・あっあっ、ああぁっ」

いつの間にか私はイヤらしい声を上げてしまいました。

部長の手が、スカートの中に入ってきて、指をショーツの上からおまんこに押しつけました。

「・・・部長・・・いやっ!やめてっ下さいっ!」

身体をひねって抵抗しようとしましたが、指は簡単におまんこの溝の部分を探りつけ、

「グネグネ」としつように動いてきました。「ヌチュッ」という水音がしました・・・

「おお・・・濡れているぞ。ユミ、そんなに俺がイイのか」

勝ち誇ったように私の顔をのぞき込んで、更におまんこを指でなぶってきます。

とうとう部長の指がショーツの中に入ってきました。

一瞬、私は身震いしました。

「ゾクゾクッ」としたものが、身体に伝わってきたのです。

「・・・あぁっ・・だめっ・・ホントに感じてしまうっ・・」

身体をこわばらせて、感じないように頑張るのですが、部長の指はそんな私をあざ笑うかのように感じるポイントをソフトに探り、少しずつ刺激してくるのです。

私の、おまんこの肉壁を掻き分けて指は動き、掻き混ぜ、出し入れし、小刻みに震わせ、私の性感をいとも簡単に呼び起こして、更に高みに押しやるのです。

私の頑張りも、もう限界でした。

私は、部長の肩を掴み、握りしめ、悶えていました。

「・・・あっ、あっ、あ~っ」

淫らに声が漏れるのも、我慢できなくなっていました。

部長は、私からショーツを抜き去りました。

「ほーら、これがユミのおまんこだ」

そう言って部長は、私の脚を大きく広げ、おまんこにむしゃぶりついてきました。

唇が強く押しつけられ、温かい舌が私の大事な部分を「ヌルッ」っと割って入って来るのを感じました。

何という快感。強く脚を固定され、激しく舌が私の身体の胎内を掻き回します。

「んああぁぁぁーっ、あ、あぁぁっ・・・」

私は、かん高く自分でも恥ずかしくなるくらいの声で喘いでいました。

どんどんエッチな声になっていくのが止められませんでした。

部長の舌は敏感な部分をも探り当て、そこを押しつぶし、吸い付き、ざら付いた舌でねぶるのです。

私は気も狂わんばかりの声を出していました。

もう、いきそう・・・いきそう・・・いってしまう!!

そう思う間もなく、私はあっという間にイッてしまいました。

でも、部長はやめてくれません。

私の身体を徹底して探るように、奥へ奥へと舌を伸ばして入れ込んで、中を動き回り、やはり舌を激しく出し入れするのです。

今イッたばかりというのに、私のおまんこはすっかり変になっていました。

私はすぐに、部長から与えられる快感の波に飲み込まれてしまっていました。

頭を振り、身体を、腰をくねらせ、淫らに声を出してヨガっていました。

抵抗などとうに忘れていました。舐められれば舐められるだけ、私のおまんこは際限がないかのように濡れていくのです。

「いいぞ。ユミ。お前の反応は最高だ」

部長に恥ずかしくなることを言われ、「ピチャピチャ」と音を立てて吸いたてられ、そうして、また強烈な感覚が襲ってきて、叫びながらイッてしまいました。

30分から1時間ほどもクンニされ続けたと思います。

何度、部長の舌でイカされたかわかりません。

頭はボーッとして、何も考えられず、放心状態でした。

ただ、身体が時折、「ピクッ、ピクッ」と痙攣するのを感じていました。

もう抵抗すら忘れていましたそして、部長の陰茎がゆっくりと私に入ってきました。

脚を広げられ、おまんこに部長のモノが突き立てられるのを感じたとき、全身に電流が走るような感覚に襲われ、思わず身体が跳ねました。

「ああぁぁぁーーーっ、やあぁぁーーーっ、ああーーーーっ」

あまりの感覚に、私は腕を伸ばして部長の胸をついて押しとどめようとしました。

でも、そんな抵抗は何の効き目もなく、腰を強く固定されたまま少しずつ入ってきました。

「いくぞ。ユミ。たっぷり感じさせてやるからな」

ニタニタと部長は、イヤらしく笑いながら私の中に入ってきました。

私は、部長に貫かれていくのを感じながら、身体を駆け巡る強烈な電気にも似た感覚に身体をのたうち回らせていました。

奥まで完全に入ったとき、私は部長のモノの長さを知りました。

夫のよりも凄く長い・・・・

私のおまんこの奥の壁まで完全に届いているのです。

数度、ゆっくり出し入れされる度に奥の壁に「ズン・ズン」と当たって、強烈な快感となって伝わってくるのです。

夫ではこんな感覚を一度も味わったことはありません。全く初めての強い快感に我を忘れました。

「あぁぁぁぁぁぁ奥がぁ・・・」私は何かを叫んでいました。

部長の長い陰茎が私の中を犯し、出し入れされる度、強烈な快感に身体が跳ね回ります。

亀頭のカリ部分が私の肉壁をたしかめるように何度も往復しました・・・

そんな私の身体を、部長は押さえつけて、陰茎を子宮の奥まで打ち込んできました。

「ほーら、ほーら。ユミ感じるだろ。たっぷり味わえよ」

深々と何度も貫かれ、子宮の奥まで打ち込まれるのを感じ、跳ねる身体を押さえつけられ、本当に気が狂うかと思うほど声を上げていました。

そして身体の中で、私を犯しているモノから、「ビクビク」という痙攣が伝わってきたとき私は完全に汚れてしまったことを感じました。夫以外の精液を子宮にそそぎこまれたのです・・・

部長は動きを止めて私に上に被さり、「よかったぞ。ユミ、最高だったぞ」と勝手なことを言いました。私は早く帰って欲しい、そう思っていました。

でも、部長は私を貫いたまま放してくれず、口や耳にキスをしてくるのです。

そして、胸を吸われたとき私の身体が勝手に「ピクン」と反応してしまいました。

「感じるのか、ユミ。そんな顔して。」

部長はそう言って、またニタニタと笑い、もっと濃厚に胸を愛撫してきました。

唇を大きく開けて私の胸全体に被せ、唇で胸全体を揉むように動くのです。

舌は、私の乳首を捕らえて離さず、絡みついてきます。

そんな刺激が、また、イヤらしい信号になって子宮に届いていくのを感じ、「いや。やめて。もうやめて。おねがい。」部長を手で押しやろうとしました。でも、部長はそんな私の腕を握り、頭の横のベッドに押しつけて言うんです。

「ほら、こうすると犯されている感じが出て、凄くいいぞ」

レイプしといて何を言うんだろうと思うのですが、胸を舐められて吸われるとあまりの気持ちよさに、吐息が出て身体をくねらせてしまうのです。

「感じているな。そそるなあ。」

部長の思い通りになってしまう私の身体に恨めしくなりながら、胸への愛撫に「・・・あぁっ・・感じる・・・すごく・・感じる・・夫と違う・・・」と思い、またイヤらしい声が出てくるのです。

私の中で「ビク・ビクン」っと部長の陰茎が、また大きさを取り戻していくのが分かりました。

「・・・ああっ・・そんなっ・・・また大きくぅ・・・」

と思いながら、身体は歓びを感じ始めているのです。

部長が動き始め、陰茎がゆっくりと何度も私の中を掻き回すのを感じます。

1回1回毎に、深く打ち込まれ、奥の壁に亀頭が「グンッ」っと当たります。

「・・あぁっ・・ソコたまらない・・・」

亀頭が奥の壁に当たると凄く感じるのです。私は震えていました。

部長の陰茎が私に出し入れされる度、「グチャ・グチャ」とイヤらしい音が部屋に響き

私は「あん・あん」ヨガり続けました。

バンザイした恰好で腕を握られ、胸を吸われて舐め回されながら、

おまんこを奥までえぐられる快感は、今まで迎えた絶頂感すら超えていました。

ずっとイキっぱなしだったような気すらしています。

どうしようもなく、頭を振って悶え、ヨガり続けました。

「ユミ、いい格好だぞ。そんなに感じるか」と部長が言ったのを覚えています。

でも、私は自分を襲う快感に堪えられなくなっていました。

「んはぁぁ・・・あぁぁぁーーっ、あぁぁーーっ」

部長の打ち込みが激しくなり、深々と何度も貫かれる度に電気が身体中を駆け巡り、私の子宮から熱いモノがあふれてくる、そんな感覚にどうしようもなくなり、私は身体を激しく「ピクピク」痙攣させてイッてしまいました。

そして、部長も又私の中でイキました。

放心している私をそのままに、「仕事、上手くいきたいだろ。応援してやるよ」そう言って帰っていきました。

約束通り、部長は私の企画を全面的にバックアップし、実施への運びとなりました。

でも・・私は、それからも部長に何度も関係を迫られています。ホテルに連れて行かれ、一日中狂わされたこともありました・・・私は会社を辞めようと思っています。

でも、セックスに気が狂いそうになるほど感じてしまう身体になってしまい私はすぐに濡れてしまうようになってしまいました。

身体が、前とは全然違うのです夫とセックスしてても頭の中は部長にレイプされているのをそうぞうします。

そして今も、濡れているのです。このときのことを思い出して。

4月10日に投稿した「ゆみ」です。

仕事が軌道に乗り、一つの結果が数字として出てきたところです。

そして、私は未だに会社を辞められないでいます。別に妨害を受けているわけではありません私自身の問題で、仕事に対するこだわりみたいなものだと思います。

それで・・・部長からも何回も身体を求められ続けています。

部長は、いつも私の顔を見ながらスカートを捲り上げ、おまんこに「くいっ」っと指を這わせます。

溝の部分に指を押し当てられ、こねられると「ゾクゾクッ」としてくるのです。

指の動きが大きくなって、おまんこを大きくこねられると、身体が感じ始めてどうしても

じっとしていられなくなってきます。

そうして、私の表情が歪む様を、部長はじっと見ているのです。

「そうそう。ユミそうやって我慢してみろ。どこまで我慢できるかな」と、言葉で私をいじめることもあります。

今では、指だけでショーツが濡れてしまうようになってしまいました。

私は今まで、乳首を舐められることが弱かったのです。

でも、部長はおまんこを舐めるのが特に好きで、いろんな体位で長時間クンニしてきます。

そして、必ずクンニで私を何度もイカせてから、ゆっくりと入ってくるのです。

部長の舌が私の肉壁をこするように舐め上げていくたびに熱いものがあふれ出してきてしまい

私のおまんこは簡単に「ドロドロ」状態ににされてしまってとても熱くなり。

本当にレイプされているのか欲しいのか分からないほどになってしまいます。

「正直に言うと・・・部長に入れて欲しくて、早く欲しくて、たまらなくなるのです」

うつ伏せからヒップを持ち上げられて、後ろからおまんこを舐められたときは、私自身ひどくヨガリ狂ってしまって・・・腰を振ってヒップを部長に見せつけて誘い、

部長はそのまま後ろから入ってきました。部長の陰茎が奥まで入ってくるのを感じ、声を上げて狂いました。

昨日は、立ったままクンニされました。

同じ会社の男の人の名前を挙げて、「○○と○○はな、ユミに気があるぞ。自慢してやろうか。ユミのおまんこを舐めたいだろうな。でも、ユミのここは俺だけのモノだからな。誰にも触らせないよ」

そう言いながら、私を立たせたままおまんこにむしゃぶりついてきました。

ヒップを抱くように手をまわされて、唇がおまんこに押しつけられると、もうそれだけで頭の中が「カーッ」としてきました。身体が震えてきます。

「・・・すごくイヤらしい・・・・でも・・感じる・・欲しくて・・・もうダメ・・・」

そんなことを考えていました。

ショーツの横から舌が入ってきて、部長の熱く軟らかい舌が私の膣内を動き回るのを感じると身体に一気に火がついてしまいます。

おまんこを掻き混ぜられると、身体が甘く痺れて、淫らな気分がどんどん高まっていくのです。

舌が、敏感な部分に当たってくると凄い快感で、声を自然と大声を張り上げていました。

部長の頭を握りしめ、恥ずかしさも忘れて、舌の動きに会わせて腰を振っていました。

「ユミは、おまんこを舐められると凄く感じるようだな。そんなに好きか」

と言われます。実際、とても感じるのです。必ず何度もイッてしまいます。

「もっともっと感じさせてやるよ」

「ユミのここ、舐めたくて今日はたまらなかったぞ」

そう言われるだけで、私の身体はイヤらしく反応し、直ぐに濡れてくるのです。

部長の陰茎が私に入ってくる瞬間は、いつも電気にも似たものが身体を駆け巡ります。

「あぁああーーーーっ!!」

と、声を上げて痙攣が起きるほどの快感です。凄いのです。

夫では今まで、こんな快感があるなんて知りませんでした。

部長の亀頭が私の肉壁を掻き分けて奥までえぐり入ってくると我を忘れてしまいます。

深く貫かれ、抱きしめられて奥まで何度も打ち込まれて、「グチャグチャ」とイヤらしい音を部屋に響かせながら、昨日も私は激しくイッてしまいました。

そして部長は・・・夫と私の大事な赤ちゃんを育てるはずの女性にとってもっとも大事な気管子宮の入り口に夫よりも逞しい陰茎で突きたおしてから、私をなんどもイカせて・・・

最後は亀頭を子宮口におしつけて更にこじひろげてから夫がそそぎこむはずの精液を部長は遠慮なしに私の子宮内にぶちまけるのです。

しかしその瞬間は頭の中が真っ白になるくらい、感じるのです。

主人にも、私に好意を寄せてくれている人にも申し訳が立たないのですが、

どうしようもないくらい感じるのです。

SNSでもご購読できます。