教育実習の女教師にフェラされ口内射精・バックでセックスした体験談

女教師とバックでセックス
女教師とバックでセックス

高校の時、大学から教育実習生の女教師が来た。

笑顔が可愛らしいく、黒髪のセミロングが良く似合っている人だった。

個人的にど真ん中ストライクだったので初めて見た時ドキドキしたのを覚えている。

女教師は私が好きだった世界史の担当だったので、授業が嬉しくてたまらなかった。

とりあえずきっかけを作るために積極的に女教師に質問しにいったりしていると、廊下で出会ったら女教師の方から喋りかけてもらえるぐらいに仲良くなった。

私は遅刻癖があり、嫌いな教科がある日は昼からなんてことはしょっちゅう。

その日も1・2時間目にかったるい授業があり、3時間目の休み時間から登校した。

いつも通り教務課の先生のお小言を聞き流し教室に向かう。

ドアを開けるとクラスメイトは誰もいなくて、女教師がぽつんと座っている。

突然の展開に驚いたのは言うまでも無い。

「せんせぇ~おはようございます~」

「あら、社長出勤とはいい御身分ですこと」

「そんなん言わんとってよ~せんせぇはなんでここにいるん?」

「二時間目は授業だったのよ。それで終わったから報告書みたいなものを書いてるの」

どうやら時間割変更があったらしく2時間目に世界史が、3時間目に体育が入ったとのこと。

それでクラスメイトは誰もいなくて教室には女教師だけが残ったらしい。

女教師と向かい合うように座り、なぜ職員室で書かないのかと問うと「こんな事言ったらあかんと思うんやけど、ちょっと嫌いな先生が・・・ね。」

「あ、もしかして○○先生ちゃう?」

「名前は内緒やけどね~」

と、笑顔で人差し指を口元に当てる仕草が可愛らしい。

そうこうしているうちに休み時間は終わってしまい三時間目が始まった。

「ほら、早く次の授業行かんとあかんよ」

「だって体育とかだるいやん。せんせぇと話しているほうが楽しいし~」

「またそんなこと言って・・・仮にも教師なんだからサボリは見逃さへんよ」

今から考えるとよくこんな台詞が出てきたもんだと思う。

「それじゃぁ・・・せんせぇがキスしてくれたら行くわ」

「え?何言ってんのよ」

「結構本気だったりするんだけど・・・ダメ?」

「ダメに決まってるでしょ」

優しく笑いながら女教師は席を立った。

私は女教師の手を取りもう一度言った。

「ダメ?」

女教師はその手を振り払おうとはせずにただ立ち尽くしている。

私も席を立ち女教師に近づく。

肌と肌が触れ合い、目と目が近づき、そしてキスをした。

一度目は軽く口唇と口唇がが触れ合うだけのキス。

「ダメよこんなの・・・」

女教師は少し拒む仕草を見せたが本気で嫌がってはいないようだ。

二度目は舌と舌が触れ合うキスに変わっていた。

学校で女教師にエロい事をするという背徳感が快感に変わっていった。

二人で教壇に座り込みキスを続ける。

私は無言で服の上からおっぱいを弄る。

触ってもいいかと問えばすべてが終わってしまうような気がした。

「はぁっ・・・ん」

キスをしていると甘い吐息と艶色交じりの声が漏れてくる。

服の中に手を滑り込ませブラを外す。

そして耳を甘噛しつつ胸に触れた。

「んっ・・・耳はダメなの。いやぁ」

「せんせぇ、僕のちんこも触ってよ。もうカチカチやし」

そう言ってベルトを外し、ちんこに女教師の手をあてがう。

不器用な上下の刺激。

女教師が触ってくれている。

それだけでもう射精しそうなほどの快感が押し寄せる。

負けじと胸を、首を、耳を、背中を刺激する。

「せんせぇ、気持ちいいよ。すぐにでもイキそうなぐらいやわ」

「だめっ、そんなにきつく・・・あぁ」

私は女教師のスカートの中に手を入れた。

「ダメ、そこはもう・・・これ以上はダメ」

両手で押さえられたが、今更止めれるわけが無かった。

キスで口をふさぎ、スカートを捲り上げパンティに触れた。

指の腹で優しくまんこを刺激を続けると湿り気が増してくる。

もう十分だと感じたので指を入れた。

女教師のまんこの中はとても熱く、とても――濡れていた。

「はぁん・・・もう止めよう、ねっ。教師と・・・あっ、生徒なんだから・・・」

「せんせぇ・・・もう止まらないよ。ん・・・」

「フェラしてあげるから・・・」

「え?」

そう言って女教師は俺のちんこを咥えフェラし始めた。

初めてのフェラは想像していたよりも快感だった。

ずっと我慢していた射精感が限界を超え、口内射精してしまった。

「ん、ごほっごほっ」

「ご、ごめん、口に出しちゃって」

「ううん、気にしないで」

射精した大部分は床に飛んだが、一部は口の中に残ったままだ。

先生はごくりと嚥下してくれた。

それを見たら非常に、余計に愛おしく見えた。

着衣の乱れを直し、立ち上がった女教師を思わず後ろから抱きしめた。

「あっ、もう・・・ダメよ」

「せんせぇのまんこに・・・入れたい」

そう言ってもう一度スカートを捲り上げ、パンティをずらしバックから挿入した。

女教師は教卓に倒れこむような体勢で、私はその上に覆い被さるようにして獣のように突いた。

もう何も考える事は出来ず、ひたすらに突いた。

「あぁ、せんせぇ、気持ちいいよ。せんせぇのまんこが気持ちいいよ」

「あ、はぁっ・・・生は・・・ダメっ。くっ・・・はぁ」

「もう止まらないよ・・・はぁはぁ」

「ねぇ、キス・・・して」

自分の精液が口の中に残っていると思うと抵抗が無かったかと言えば嘘になる。

しかし、快楽に溺れた体が勝手に動いた。

少し苦いような気がした。

女教師のほうからの積極的なキスは興奮した。

拙い表現だがそれに尽きた。

誰もいない教室、気になっていた女教師、繋がっている体。

十分すぎた。

「はっ・・・せんせぇ・・・も、もうイっちゃいそうや」

「せんせぇも、気持ち・・・いいわっ」

「イってもいい?イってもいい?」

「外に・・・お願いだから外に・・・ああん」

私は我慢しきれずに中出ししてしまった。

いや、中出ししたかったのだと思う。

教室には繋がったままの二人の吐息が響いた――この後、実習期間が終わる前にもう一度セックスしました。

あの頃は携帯電話も今のように普及していなかったので実習が終わってからはそれっきりでした。

何であの時連絡先を聞かなかったのかと・・・

後悔しても遅いですね。

SNSでもご購読できます。