熟女の妻とベビードールを着させてセックスした体験談

ベビードール
ベビードール

僕は56歳、妻は52歳。

妻も正職員で仕事をしています。

結婚して24年になり、子供は大学4回生と2回生です。

5年程前から住宅事情で家でのセックスが難しくなり、もっぱらラブホを利用しています。

ラブホに行く時はいつも午前中に行っています。

セックスに1日を取られたくないためとちょうどラブホが空く時間だからです。

この1か月間仕事が忙しく土日も仕事だったので1か月少しご無沙汰でした。

この前久しぶりにラブホに行ってセックスを楽しみました。

前日の夜に子供たちが外出しているので、家でできると思いお風呂に入り、そろそろというときに、遅くなると言っていた娘が帰ってくるような予感、しばらくして本当に帰ってきた。

その日の晩、布団の中で妻にセックスしたいと言ったら楽しみは取っといたほうがいいとのこと。

ちんこを握ってマッサージしてくれた。

翌日午後から映画も見たいので10:00にラブホに到着。

久しぶりです。

まずお風呂に入ります。

今回は湯船につかりました。

向かい合って入って妻の体を見ます。

それだけでもちんこはギンギンに勃起します。

今度は私の前に妻がやってきて、後ろからおっぱいとクリトリスを触ります。

次に手で全身を洗います。

いい気持ちです。

妻の身体も手で洗い、イスに座って足を開きまんこをちんこで洗います。

少し入れるくらいが気持ちいいみたいです。

一通りお風呂で楽しみ、今度はソファーに。

今日はピンクのサテン木地のベビードールとパンティのセットを持ってきました。

ベビードールを着た妻を見てますます勃起します。

ただパンティが少々大きくサテン生地なのでシワシワです。

いまいち。

ソファーで胸とクリトリスをマッサージ。

ベッドへ行きちんこをマッサージとフェラチオ。

私のちんこが大きいのか妻の口が小さいのか、口にあまり入らなくちんこの部分だけを咥えてもらっています。

舌の絶妙な使い方ですごく気持ちがいい。

今度は私が乳首を咥え、ベッドの端に妻の身体を移動してクンニをします。

ベッドの端を利用して私はベッドから降りると、下を向かなくていいので長く続けることができます。

おまんこにローターを少し入れてクリを舐めると、湧き水のように愛液が出てビチャビチャと音を立てます。

今度はローターで妻がオナニーします。

この姿がたまらなくエロく大好きです。

5分位はかかるでしょうか、だんだんと盛り上がって「あっイク」

と言って妻は果てます。

オナニーした妻のまんこも、もうビシャビシャで限界です。

久しぶりの挿入です。

正常位でまんこににちんこを宛て上下にマッサージします。

膣にちんこ部分が少し入ります。

この状態で先っぽのみを出し入れするとまたまた愛液が湧いてきます。

しばらくしてからちんこをグット深く入れます。

妻はあっと言って身体をのけぞります。

今日は今までとチョット違う感覚です。

膣の入り口が堅くコリコリした感じです。

夜腹筋を鍛えている効果があったのでしょうか。

締め付けられます。

次は対面座位です。

ベビードールを着た妻は何とも言えないエロさがあります。

ゆっくりと動き妻の息づかいがだんだんと荒くなり、絶頂を迎えました。

イク時はイクと言ってと伝えると、イクの連発ですエロさが増します。

あと深い正常位でイキ、コンドームを付けラストも深い正常位でイッてラストです。

お誘いをする妻ではありませんがローターオナニーを見せてくれ、しっかりと4回イキます。

最近妻に4か月ぶりで生理があり閉経間近です。

年齢を重ねてこれから僕らのセックスはどうなるのか最近考えます。

今僕にその気にさせる妻にありがたく思っています。

楽しくできるように努力が必要だと思う。

そのために下着などにこだわりたいと思うし、シチュエーションも考えようと思う。

又週1回のセックスを復活させたい。

SNSでもご購読できます。