人妻なのに元カレと再会し、中出しセックスした体験談

人妻とセックス
人妻とセックス

先日、初めてお付き合いをし初めて体を許した高校時代の元カレに私は一人で参加した学会で25年ぶりの偶然の再会をしました。隣に座った彼を見た時、すぐにお互い気が付きました。
彼とは高校3年生の時お付き合いを始めました。当時は、手をつないだり公園のベンチで話したりと、純粋な関係でした。卒業し彼は東京に、私は地元の大学に進学が決まったある日二人だけでドライブに行きました。彼は東京に行く前に運転免許を取得していました。
早春の海に行き岩陰で初めてのキス、その後ホテルに行き結ばれました。そんな彼との再会。お互い結婚し家庭を持っています。でも本当に久しぶりに会って私の心は当時に戻ってしまいました。嫌いで別れた相手ではないのですから。
翌日も講演会があるためその日は宿泊です、当然彼もそうです。
その夜は、居酒屋で再会のお祝い。その後、彼のホテルの部屋で2次会です。お酒も入り近況など話した後、思い出話になりました。ふと気が付くと彼は私の隣で座っています。そして彼の顔が目の前に、彼の腕は私を囲んでいました。初めは拒否しましたが唇と唇が触れ合いました。
私は彼と別れた後、今の主人と結婚。以来浮気や不倫は一度もありませんでした。でも、この時だけは唇を許していました。一旦は離れた唇は次には舌と舌を絡めるまでに。
彼は、私を脱がせ出し下着だけにされました。彼も素早く下着だけになりました。
「明かり消して、昔みたいに若くないから。恥ずかしい」。ベットに横たわり全てを剥がされました。彼も下着を脱いで私の隣にいます。
「あの時と同じ、二人裸だね。当時は何も分からなくてごめんね」
「いいの、でもこんなのあなたと主人だけ。やっぱり恥ずかしいな」
彼は私の首・胸に舌を這わせてきました。と、その時私の手を彼の男性自身に導いてきました。

「見てみる、見て欲しいな」恐る恐る彼のモノを見ました。あの時は見なかったような気がします。
「見るだけ?」との言葉に促されるように頬張りました。本当は主人にも殆どしたことはありません。でも彼が喜んでくれるので一生懸命しました。
「交代しよか」と彼。「恥ずかしいからダメ」でも私の両足を開き股間に彼の顔が来ました。私は彼の全てを受け入れる覚悟でいました。こんなに感じたのは本当に久しぶりでした。
彼は起き上がり、体を私の足の間に入れてきました。
「入れるよ、いい?」頷く私に彼は一気に挿入してきました。彼に突かれまたまた感じて逝ってしまいました。
「こんな所だからゴム無いから外に出すね」そう、あの時はただ私は妊娠が怖く初めから付けてもらいました。でも今日は初めて「生の彼」を受け入れています。
「相変わらず優しいのね。いいよ、あなたの好きな所に出してくれて。もうすぐアレだから」
「ホント、いいの」「その代わり奥さんのとき以上にいっぱい」
「いく、出る」と同時に私の体内にいっぱい体液を放出しました。
その夜は彼の腕の中で休み、早朝もう一度交わりました。また彼は私の中に放出しました。シャワーを浴び講演会に行き、その後、何も無かったように帰宅しました。

SNSでもご購読できます。