女子高生が女子から調教、性奴隷にされた体験談

調教されるJK
調教されるJK

部活の帰りに誘われて、高校のときのクラブの先輩、ゆかりさんの家に遊びに行った時のことです。
先輩の下宿に着くと、そこにはゆかり先輩の他にもしおり先輩やクラブの同級生達が集まっていて、私はビックリしてしまいました。
・・・だって、先輩一人かと思っていたからです。

でも、みんなの様子が少し変なのです。みんなで、なんか恐い顔をして、私のコトを睨んでいたり、中には嫌な薄笑いを浮かべている同級生もいるのです。
私はチョット戸惑って、でもなんとか挨拶をしようとした、その時です。いきなり後ろから、肩を突き飛ばされて、みんなの輪の中に転び込んでしまいました。

「キャーッ!?」

悲鳴を上げながら、起きあがろうともがいた私。
でも、みんなで私の手足や身体を押さえつけて、あっという間に、床の上に大の字にされて、動けないようにされてしまったのです。

ゆかり先輩:
あんたさぁ、生意気なんだよネ。なにさ、ちょっとハクイからって、チヤホヤされてさぁ。ント、ムカツクんだから!

しおり先輩:
今日はさ、ヤキィ入れてやっから、覚悟すんだね!!

同級生の里見:
ゆかり先輩、ひとみって、あたしのカレシに声かけたりするんですよぉ。メチャメチャにしてやって下さい。お願いします。

ゆかり:
そんじゃさぁ、この子、女として生きていけない身体にしちゃおうか!

そんな酷いことを言いながら、私を押さえつけたまま、着ていたノースリーブのTシャツを、捲り上げようとするのです。

「いやぁー! やめてぇー!! 脱がさないでよぉーっ!!」

私は必死に抵抗しようとするのですが、大勢で押さえつけられているので、無駄な足掻きでした。
スルスルとTシャツが脱がされ、ブラジャーだけにされてしまったのです。

大柄な先輩2人で、私の両手を拡げて、押さえつけています。
そしてゆかり先輩が、私の同級生に、大きなハサミを渡して言いました。

「ほら和美、憎いひとみの胸、裸にして見てやりなよ!」

同級生の和美は、私のブラジャーの、カップの真ん中を、いきなりハサミでジョキン!
切り離してしまったのです。
私はAカップなので、そんなに大きくはないのですが、チョット形のいい、美しい胸だと思っています。
その胸を裸にされ、みんなに見られてしまいました。

「あああぁーッ! いやぁぁああぁーーっ!!!」

私の悲鳴に構わず、みんなは「ちっちゃいムネ」とか、「なぁんだ、貧乳じゃん!」なんて笑っているのです。
「こいつのムネ、う~んと虐めてやろうじゃん」なんて言いながら、嘲笑っているのです。

誰かが針を持ってきて、それで私の乳首を突つき回すのです。
私の乳首は、おっぱいの中に埋まるように突つかれたり、逆にえぐり出すようにされたりして、さんざんな目に遭わされました。

そして最後に、指でしっかりと摘み上げられ──それももの凄く痛かったのですが──横からプスッと、針を突き刺されたのです。

「ギャアアアァァァーッ!!」

私は悲鳴を上げて、そのまま頭の中が、真っ白になってしまいました。

ふと気が付くと、まだ私は大の字に、押さえつけられたままでした。針を刺されたままの乳首は、まだズキズキと疼いています。
でも、誰も許してくれそうにないのです。

今度は、ホットパンツを脱がされようとしています。イヤっと身体を動かそうとしたのですが、
「おとなしくしないと、こうするよ!」
と、乳首を爪で弾かれてしまいました。ツーンとした痛みが、敏感な乳首から頭の天辺まで、突き抜けてゆきます。
それだけで、涙が出るほどの痛みでした。

ボタンを外され、チャックを開けられたホットパンツが、あっさりと足から抜き取られてしまいました。そして当然のようにビキニのパンティに手が掛かります。

「イヤッ! イヤッ!! それだけは脱がさないで!!」

私は必死に叫びました。それにはワケがあるのです。

私は去年の夏、レーザー脱毛をして、あそこの毛をすっかり抜いてしまっているのです。水着になる時は勿論ですが、普段の手入れもすごく楽なので、思い切って全部抜いてしまったのです。
でも、そんなトコロを見られたら、それこそどんなコトをされるのか・・・大変なコトになりそうな気がして、脱がされないように、必死で身体を捻りました。

「なにグズッてるんだよ、さっさと取っちゃいな!」

しおり先輩の言葉で、もう一人の同級生の真理が、ハサミで私のパンティを切り裂いてしまいました。
私のそこが露わになると・・・みんなが顔を見合わせました。

「あーっ、ひとみったらここ、剃ってるんだ。」
「へぇ、ひとみってMだったんかぁ・・・」
「そんじゃさぁ、虐められたら、却って喜ぶじゃん!」
「じゃあさぁ、ひとみのために、もっと虐めてやんなきゃ!」

そんなんじゃない・・・私は唇を噛んで、ワナワナと震えながら、みんなの嘲りに耐えていたのです。耐えるしかなかったのです。
でも、ゆかり先輩が目を光らせながら、恐ろしいことを言い始めました。

「Mだったら女の子の、一番敏感なトコ、虐めなきゃ。どこだ か知ってる? 一番敏感なトコって・・・」

そう言いながら、大きく拡げられた私のおまんこを、覗き込むのです。そして、つっと手を伸ばすと、私の割れ目を指で開いてしまいました。

「ほ~ら、いたいた。これだよ、これ。ここを可愛がってあげると、どんなに喜ぶかな?」

勿論、ゆかり先輩が言っているのは、私の大事な大事なクリちゃんのことです。特に私は、そこが人一倍、敏感らしいのです。
もしそこを触られたら、酷いことをされたら、気が狂ってしまうかも知れません。

「やめてー! そこはやめてーッ!! ウギャアアアーッ!」

いきなり、飛び上がるほどの激痛が、身体を走り抜けました。
それは、どこに加えられたのか、分からないほどの激痛だったのです。

「あああぁぁーっ!! 痛い! 痛い! 痛いいーっ!!!」

私は涙で、何も見えなくなってしまいました。それでも容赦なく、次々と激痛が襲ってきます。
私のクリちゃんを、みんなで寄ってたかって、針でつついているのです。

最後にみんなは、私を二度と快感を得ることのできない体にすることを考え、実行しようとするのです。
ゆかり先輩が取り出したペンチで私のクリちゃんを挟んで、そのまま潰されてしまいそうになるのです。
もう本当に痛くて、何も考えられないのです。

「ひとみ、お前のここ、つぶしてやるから。そしたら二度と感じることできないジャン。覚悟しな!」

そ、そんな!

私は泣き叫びながら、必死にお願いして、それだけは許してもらったのです。
その代わりとして、毎週1回、先輩の家に行き、みんなの奴隷として、私の身体を好きなように弄ばれ、嬲られ、虐められるコトになったのです。

これが私が、みんなの奴隷となった理由なのです。

どれほど時間が経ったのだろうか。
ひとみがやっとの思いで起き上がると、目の前に後輩の敦子がいた。

ひとみは敏感な突起を締め上げていた糸こそ解かれてはいたものの、相変わらず裸のまま、白のハイソックスだけしか身に着けていない。
そんな姿を後輩に晒しても、もはや恥ずかしさを感じる気力すら、ひとみには残されていなかった。

SNSでもご購読できます。