ナンパされ乱交セックスの末に肉便器にされた熟女M女の体験談

熟女がナンパ男達と乱交セックス
熟女がナンパ男達と乱交セックス

私は47歳になるごく普通の主婦です。

普通と言っても、欲求不満なM女なんです。

こんな私が、ちょっとした出来心から若い男達に1年間、肉便器として扱われていました。

全てを書く事は出来ないので、ほんの少し教えたいと思います。

私は21歳の時、5歳年上の旦那と結婚し直ぐに子供を授かりました。

今ではもう、2人の子供(姉妹)も独立し 両方共に結婚し(嫁いだ)孫もいます。

旦那は30代までは、結構エッチが大好きで頻繁にセックスをしていました。

時には、SM系のプレーや青姦・外での露出などちょっと変わった事も体験しました。

しかし、40過ぎると(旦那は45歳)急にセックス回数も減り、今では半年に1回程度になりました。

私は露出やSMプレーのお陰で、年を取るにつれ欲求不満になってきました。

いつも、旦那が会社に行くと、リビングでオナニーをする日々です。

(リビングだと外から見えるかも?と思うと興奮するんです。しかも配達員も来るので、ノーパンで受け取ったり!)そんなある日、夫が「たまには体動かすか!ボーリングでもどうだ」と言われました。

私は久々のデートと思い2つ返事でOKしました。

昔は良く2人でボーリング場でデートしたものです。私は浮き浮きしキャミソールに上着を羽織り、下はタイトな短めのスカートに着替え 夫の前に行きました。(もちろん夫が喜ぶと思ったんです)

夫は、「ボーリングにその格好は無いだろう」って不機嫌でした。

私も「じゃ着替えるから”と言うと”いいよ、そのままで急ごう」と言うのでそのまま出かけました。

ボーリング場は、結構空いていて私達は1番レーンになりボールを選ぶと、早速夫は投げ始めました。

1ゲームも中盤になる頃、 隣に3人組の男性客(20代前半)が、来ました。私達は気にする事無く続けていると、男達の目線が気になりました。

夫は、男達とは背向けに座っていたので、分からなかったと思いますが、私は正面で向かい合っているのでハッキリ分かりました。

男達は、私のスカートの隙間に目が入ってました。今日のスカートはちょっと短く座ると擦り上がるので、正面からはパンツが 見えているかも知れません。私は、ドキドキしました。久々の露出感覚が蘇ったのです。

私は、投げる時もちょっと大胆に投げ、スカートが若干擦り上がるのが分かりました。夫はそんな事とも知らず、全く気にしていない様子でした。1ゲームが終わり、2ゲーム目に入りました。

私がトイレに向かうと男達もトイレについて来ました。トイレに入り出ようとした時、男達が寄って来ました。

男1「奥さん綺麗ですね。俺達と遊ばない」

私 「えっでも夫が居ますから!」

男2「旦那居なければいいの?」

私 「そんな訳じゃないけど!オバサンをからかっているんでしょ」

男2「そんな事無いよ!お姉さん綺麗だし、一緒に遊びたいだけ」

男3「良いじゃん!遊ぼうよ。あんな親父ほっとけばいいよ」

私は、久々にナンパされ興奮した。今まで味わった事のないドキドキ感だった。

私 「じゃ、夫にちょっと言ってからね」

男1「俺達の事言うのかよ!」

私 「ん~ん、上手く別行動するから」

男3「これ、携帯番号。うまく別れたら連絡ちょうだいね」

私 「分かった」

そう言って夫の所に戻った。2ゲーム終了し、私は夫に”私買い物するから先帰る?”って言うと ”そうだな俺は帰るよ。ゆっくりして来ていいぞ”って言われた。

私は、夫と別れ男達の携帯に電話をした。男達とカラオケBOXで待ち合わせ、一緒に歌った。

酒も出て、一緒に飲んだ。男達は、相変わらず私のスカートの隙間を気にしている。

大分酔って来た頃、遂に男の1人が隣に座り、いきなりキスして来た。”えっ”と言うと、綺麗だ!って言われ 嬉しくて、”本当!”と言うと胸に手を入れ揉み始め、ついに”あ~っん”て声を出すと、スカートの中にも手が入り パンツの上からまんこを摩られた。もう私のまんこはビッショリで、男達はパンツを剥ぎ取った。

”ここじゃまずいな”と言う事で、そのままの格好で、ホテルへ向かった。

私の服を脱がせ、1人にお姫様だっこされるとそのまま風呂へ、そして3人に体を洗われその場で、3人のちんこを 咥えた。それぞれ1回抜くと、ベットへ連れて行かれキスする人、胸を舐める人、まんこを舐める人と一度に同時 攻撃で、私は味わった事のない快楽だった。舐め攻撃で逝ってしまうと、男達は、まだまだと言わんばかりに さらに激しく舐め回され、3回は逝ってしまった。私は、もう欲しくて”早く頂戴”って言うと代わる代わる挿入された。

一通り挿入されると、優しくキスしてくれた。夫の不干渉がとても寂しく感じていた私には、彼らを好きになるのに 時間はかからなかった。お互い携帯番号・アドレスを交換し、また会う事を約束した。・その週の月曜日  夫が会社に出かけると、彼らから連絡が来た。(彼らは大学生とフリーターで昼間は時間があった) 私は、若く露出の多い格好(昔よく夫が望んで買って着た服だった)をして出かけた。

ホテルは味気ないからと言い 彼らの部屋で1プレーすると、今度は彼等のマンションの屋上に行き、全裸にされると金網に手を付け後ろから 挿入された。下からは見えないが、ちょっと高いビルからは見える所だった。私は、見られる!という感覚から凄く興奮 し、何度も逝った。その日から、毎日の様に彼らに呼び出され私は、ホテル・公園のトイレ・屋上・映画館と色々な所 で、セックスをしました。でも、私は後悔などなく昼間の寂しさを埋めていたのかも知れません。

続きはこちら 野外でM字開脚で縛られ、輪姦された女の体験談

SNSでもご購読できます。