淫乱女子大生が調教され野外セックスした体験

野外セックス
野外セックス

私が初めて男性のおちんちんをおずおず舐めたのは、大学1年生の時でした。

しかし、最初は興味本位が勝っていましたけれど、同時に抵抗感もありました。

だって、それまで正視するのも恥ずかしい男性の性器を、綺麗にしている口に入れるのですもの気持ちはわかっていただけるでしょう。

けれども、Aおじさんは、そんな私の抵抗感を上手に解消してくれました。

彼は、はじめの頃、普通にエッチする以外、自分にどうこうしてくれとは全く言いませんでした(わがままばかり言う今とはえらい違いですよ)。

一方で、私にはとことん尽くしてくれます。

エッチをしない時も私のショーツを降ろして汚いところも全部舐めて気持ち良くしてくれるのです。

爪先や髪の生え際、耳やあそこや果てはお尻の穴まで何度も全身を彼の舌で愛されているうちに、私の彼を慕う気持ちもどんどん高まっていきました。

そして、彼のために何か尽くしたい、という気持ちがある限度に達した時、私は自分から彼の股間に顔を沈めていたのです。

愛する人のものですもの、その時はヘタでしたけれども心を込めておしゃぶりしました。

彼の身体の一部であるおちんちんが、とても愛おしく感じました。

愛したいから口にしたいと自然に思うようになったのです。

彼は私に「精液飲んでくれるかい?」

と聞きました。

もう、その時の私は、むしろ愛する人のものなら何でも欲しいと思っていました。

おちんちんを口に咥えたまま目で「はい」

とうなずいて彼のために一生懸命おしゃぶりを続けました。

そして、「いくよ」

と声が聞こえた途端、口の中に熱いミルクがバッと溢れました。

彼に尽くせたうれしさと一緒に夢中で飲み下しました。

そうしたら、やさしく抱きしめて軽くキスしてくれました。

その後、Aさんはエッチのたびに上手なやり方を教えてくれました。

彼の足元に正座してパンツを降ろしてあげます。

先っぽに軽いキスのご挨拶をしてから、唾液をたっぷりかけて笠の部分全体をゆっくり舌を回して舐めます。

そして袋から先にかけての裏側に舌全体を押し付け何度も舐め上げます。

たまには股下やお尻の穴も舌先でくすぐってあげます。

すると、この頃には大体先っぽから透明な液が垂れています。

次に、その液を舌ですくいながらもう一度笠を大きく舐め回した後、先っぽから唇と舌で吸いつくようにズーッと喉まで精一杯頬張ります。

この瞬間が気持ちいいのだそうですね(^^)。

それから指でお尻や股下を愛撫しながら、時々キュッと唇で茎を強く締めたりして上下にしゃぶり、同時に押しつけた舌をぐるぐる滑らしてあげるのを繰り返すと二人とも5分ぐらいでビューッと口に出します。

できるだけこぼさないようにおちんちんを抜いて、口の中に一度広げてから味わって飲みます。

そして、もう一度、おちんちんを含んで、先っぽに滲んでいるミルクを綺麗に吸いとってあげます。

特にBさんはこのおしゃぶりがお気に入りでよくしてあげます。

みなさまには、じゃあお前はどうなんだと言われそうですね。

…はい、好きです。

口に彼の体温を感じながらあそこも感じてしまうようです。

口の悪いBさんは、「下の口が欲しいってよだれ垂らしてるぞ」

なんてからかうんですよ。

当然ですが、舐めてもらうのは、もっと好きです(言っちゃったあ)。

Aさんとは69で半日も舐めあっていたこともあります。

あと精液については、「えーっ、飲むのお?」

という友人が多いです。

確かにおいしいものではありませんが、私は、愛している人のものなら飲みたい、あるいは身体に注いで欲しいと思います。

そうすることで、いつもは一緒にいられないその人と別れたあとも自分の体内で溶け合えているような悦びを感じるからです。

ついでに言うと、味はAさんの方がよく貯めてるせいか生臭くてドロリとしてます。

量も多いです。

Bさんのは薄味さらっとしてて苦いです。

数撃ち過ぎなんですよね、きっと。

(^^)Aおじさんに初めて抱かれた夜から約1年、私の二十歳の誕生日。

彼のお祝いは真珠のネックレスとイヤリングでした。

その夜はクラシックコンサートの後、高級レストランでご馳走になって、私の部屋に招きました。

抱擁とキスのあと彼は「今日二十歳の大人になったばかりの身体に思いっきり感じさせてあげよう」

と言います。

ま~た、何か考えてるなって感じですが、貰った豪華なネックレスとイヤリングを身につけて、パンストだけを脱ぐように言われました。

そして、フロアの真ん中にキッチンの椅子を二つ離して並べ、その上に手を引いて私を立たせました。

次に、両手を背中に回させて親指を紐で結びました。

妙な成り行きに期待と不安が交差します。

足を大きく開くことになり、おへそのあたりに彼の頭がくる高さになりました。

椅子の上は思ったより高くて、両手の自由も利かず不安定で心細いです。

それから、彼は私のまわりをぐるっと鑑賞するように見て回ったあと、椅子の間に座って両足首を掴み、「綺麗な足だな。

今日はピンクのパンティだね。

かわいいレースのデザインだね」

と言ってミニスカートの中を見上げます。

見られてる…、「どう?こうして下からまともに覗かれる気分は」

の問いかけに、戸惑いながら正直に「恥ずかしいです」

と答えました。

それに、一日履いた後ですから、染みとかつけてないかしら…と気になります。

今度は立ち上がってミニスカートを前からめくったり、後からめくったり。

でも、身体には触れず、ショーツに顔を近づけて匂いを嗅いだり息を吹きかけたりします。

「一体どうする気なの…」

不安になってきた頃、彼はしゃがんで右足の爪先を舐めはじめました。

足首から次第に膝まで上がって、手で左足の内側をそっと撫でてきます。

足は閉じることができません。

足首から付け根にかけて彼の舌や唇がススッと這い回り、時々太股に熱い息がかかります。

ショーツ越しにクリトリスの周辺を指でくすぐられたり、強くつままれたりしました。

私もその気になってじっと彼の愛撫に身を委ねていると、ショーツの前上端に指がかかり、ゴムをパチンと弾かれました。

ハッとする間もなくお尻の方もパチン。

「あ、イヤ、脱がされる!見られる!」

と意識するや否や、ショーツを開いた太股の途中まで降ろされました。

途端に股下が涼しくなり、もう濡らしているのがわかりました。

彼はショーツと股の間に頭を入れて舌先をチロチロ動かしたり、指で毛や太股をそっと撫で回し、時にあそこやお尻の穴をいじります。

立っている私にはミニスカートの下の光景が見えませんが、舌先であそこをかき回されるペチョペチョというかすかな音や、ジュジュッとすすられる大きな音が聞こえるたびに、自分が彼の顔の上で愛液をたくさん垂らしていることを思い知らされます。

足の指に力を入れ、爪先立ちしたり、手のひらを閉じたり開いたり身をよじって耐えていましたが、舌先でクリトリスを転がされたり吸われると、こらえきれずつい恥ずかしい声を小さく漏らしてしまいます。

羞恥と疲れで広げた膝がガクガク震え、彼の舌と指のタッチに腰が激しく前後に揺れて立っていられなくなりました。

椅子から降り、足に絡まったショーツだけ彼の手で脱がされ、ふらついてベッドに移動しました。

括られた指とブラウスやアクセサリーはそのままで、顔をついて膝を開いてお尻を高々と持ち上げる姿勢をとらされました。

スカートが捲くれてお尻だけ裸になり、さっきからずっといじめられているあそこから愛液が溢れています。

それでもまだ彼は、またお尻や太股を軽く撫でながらクリトリスを転がしたり熱い息をかけ焦らすのです。

散々催促して、ようやく指を奥まで入れてくれました。

でも、動かしてくれないのです「自分で動いてごらん」

「そんなあ!」

私はいたたまれず自分からお尻をくねらせました。

指ではなくて、彼の熱い太いおちんちんが恋しくてたまりませんでした。

なのに、しばらくすると彼はその指さえ抜いてしまったのです。

もう胸がせつなさで一杯になり、身体を震わせて「早く、おちんちんを入れてください!」

と半泣きで恥ずかしいお願いをしました。

「よし、よし、ほら、おいしいぞ」

「(私)???…、!」

何と彼は、私のびしょ濡れのあそこに、それまで隠していた紫色のバイブをいきなり深々と挿入したのです。

バイブはこの時が初めてでした。

スイッチが入るとブーンという機械的な音をさせて唸りだし、しびれるような強烈な快感が下半身から全身に響きます。

自分を全然コントロールできません。

私は後ろ手に括られお尻に卑猥なバイブを嵌められた恰好で悶えながら、一気に絶頂に達してしまいました。

それから、しばらくして彼はまだ泣き顔の私の手をほどき服を脱がせて、やさしく抱いてくれました。

私は泣かされた分、いつもより思い切り甘えました。

全身で絡み合い、互いの性器をしゃぶりあって、彼は「やっぱり本物がいい?」

と笑いながら、やっと待望のおちんちんでもう一度私をいかせてくれて、ミルクをいっぱい注いでくれたのです。

(私はやっぱり、熱い体温のある本物がいいです。)今思えば、確かに気持ち良かったけれど、焦らして半泣きにまで追い込むなんてヒドイですよね(と言いながら、甘えている私って…?)。

一生忘れられない二十歳記念泣きべそエッチでした。

昨年の1月15日、私は地元の成人式に出席しました。

アップに結った髪に飾りをつけて薄紅色に牡丹の絵模様が鮮やかな振袖を着ていきました。

ところが、Aおじさん。

この日が安全日だと知った途端、来ちゃダメといっても「晴着の恭子ちゃんを抱きたいんだ。一生のお願い!ね。頼むよ~」

と言って聞きません。

で、わざわざ新幹線に乗って神戸まで追っかけて来てしまいました。

全く、しょうがない人です。

成人式は半日で終わり、後は懐かしい地元の友人たちと一緒にと思っていたのですが、それは夕方にして、その間にAさんが宿をとった某シティホテルで「いたす」

ことにしました。

ホテルのエレベーターの中で待ちきれないのか、他に人がいる中で早速、手を握ってきました。

部屋は二部屋続きの和室で襖を開けると奥の八畳間に既にお布団が敷いてあります。

準備万端、やる気満々!のようです(^^;。

着付けはある程度心得ていますし、ホテルのサービスもあるので何とかなりますが、髪を崩したくないので今回は私が上になることにしました。

なるだけ振袖を着たままでというご要望なので、足袋も帯もそのままで始めました。

肩を抱かれて舌を絡ませた後、彼だけが全裸になり、お布団に振袖姿で行儀良く正座している私の前に立ちました。

目の前のおち○○んの先っぽを舌先でそっと舐めて含んであげます。

少し腰を浮かせてしゃぶっているうちに、私の濃い赤の口紅がついておち○○んがところどころ染まっていきます。

今度は私が立ち、彼が晴着の裾を払って手を入れてきました。

足首から膝、太股へ左右に裾を開きながら忍び込んできます。

最後には後ろから、長襦袢や裾よけも一緒に全部捲られたりして、私は思わず足をよじり合わせてしまいました。

そして、はだけてしまった足元にもぐりこんで、裸の両足を一緒に腕で抱いてあそこの毛を撫でたり太股に頬ずりをします。

それから、私の股に頭を突っ込んで足を開かせ、指先でお尻の穴をいたずらしたりしながら、あそこを舐めはじめました。

私はだんだん気分がのってきて、彼の顔を股に挟んで口と鼻先にクリトリスをこすりつけるように腰を前後にゆっくり動かしました。

すっかり濡らしてしまった私は、帯や紐をほどき振袖の長い袖と裾を後ろに大きく広げて、仰向けになった彼の上にしゃがみました。

固く反り返っているおち○○んにあそこを押し付けてヌルヌルにしたあと、滑らせるようにそうっと挿入しました。

それまでじっと私のしぐさを黙って見ていた彼がため息を漏らします。

私もしばらくそのまま深く入った感触を味わったあと、彼の身体に手をついて、腰を大きく動かしました。

でね、みなさま、ここまではよかったんです。

ところが今回は、さあこれからという数回目に奥までグッと腰を沈めた途端、な、なんと、「うっ」

という声とともに彼はあっけなく私の中で果ててしまいました。

わざわざこのために神戸まできたのに…。

三擦り半よりは多かったけど…。

そんなわけで、彼も不本意ながら一応いけたし今日は時間もないし私はいいや、ということで終わりにしました(^^;。

彼はあまりに簡単に漏らしてしまった自分が照れくさいのか、今でも、上気して頬を染めた私が振袖の長い袖や裾をひるがえして自分にまたがる様子や腰を上下させていた様子が、今までのエッチの中で最高に美しかったと言い訳します。

特に花の髪飾りや振袖の紅や薄緑、金、銀の華麗な絵模様と襦袢の裏地や白い肌のコントラストに興奮したのだそうです(この時の話になるととにかく言い訳します)。

ちなみに、Aさんによると、なんでもこういうエッチには、美しい尾羽を広げた孔雀のように女性が晴着を扇形に部屋いっぱいに広げる様子から、「孔雀」という古式ゆかしい呼び名があるそうで、私とどうしてもやってみたかったんだそうです。

みなさまはご存知でしたか?帰りは、予定どおり地元の友人たちとの同窓会に合流しました。

その時同級生のみんなと一緒に撮った写真が今もアルバムにあります。

そこにお上品に写っている私のあそこに、さっきのAさんのミルクが少し滲んでいることは、誰も想像だにしない秘密です。

—7月初め、Aさんと某避暑地に旅行しました。

私は薄いワンピースにリボンのついた帽子をかぶっていきました。

山の中の会員制の小さなホテルで夏休み前の平日ということもあって、その日の宿泊は私達の他は数組の家族連れだけでした。

彼は奥様には出張ということにしてきたそうです。

私は、彼を独り占めできるうれしさと、初夏の清々しい大自然のなかで、気分はもう最高でした。

そんな開放的な雰囲気のなかで、例によってAさんの出したご注文は…みなさま、何だったと思います?はい、「朝日のあたるテニスコートでエッチしよう。」

でした。

いや、全く、どこからこんなこと思いつくんでしょう?で、続けて「朝早く行けば、誰もいないから大丈夫。空気はいいし、青空の下できっと気持ちいいよお」

だそうです(^^;。

そのホテルには少し離れたところに崖と林に囲まれたコートが2面あって、宿泊客が自由に使えます。

昼は周囲を散策して、夜は一緒にお風呂に入って、彼に抱かれました。

胸を揉みしだかれて身体に火がつきます。

私もたまらず彼の乳首やちんこに吸い付きました。

今日は完全に私のものですもの。

なのに、射精は明朝のお楽しみにとっとくんだそうです。

そこで、数撃てない彼の代用品というか分身というか、そう、紫色のバイブ君の登場です(普段はAさんが持っています)。

自分で持って動かしたり彼に操ってもらったりして、私だけいっちゃいました。

シーツをすごく濡らしてしまいました。

翌朝まだ6時前、済んだ空気の中に、小鳥のさえずりだけがかすかに聞こえます。

空には筋雲が走って朝の光がまぶしいテニスコートに私達はいました。

私は、普段着ている襟元に青いラインの入った白いテニスウエア、彼は堂々たるジャージ姿です(でもまあまあ上手ですよ)。

コートからはホテルの最上部が一部見えるだけで、他は人影がありません。

少しためらいつつ「本当にここでするんですか?」

「昨晩は君のオナニーが目に焼き付いて、一晩中必死で我慢してたんだから」

「…はい」

で、次に彼が言いました。

「その前に、ここでおしっこしよう」

「え?」

「じゃ、僕が先にするよ」

そう言って、なんとコートのど真ん中でジャーっとやってしまったのです。

「気持ちいいよ、次は恭子ちゃんの番だ」

「で、で、でも」

と言ってる間に、彼の手がスカートの中に伸びてアンダースコートとショーツを一気に足首まで下げられてしまいました。

2枚とも取り上げられて、仕方なくその場にしゃがむと、「立ってやってごらん。お嬢さん育ちだから外で立ちションなんかしたことないだろ。ほら、こっちで。」

広々としたコートの中央に引っ張っていかれました。

私は足を大きく開いて少しお尻を引いて立ち、スカートをたくし上げました。

彼は真正面にあぐらをかいて面白そうに見ています。

おしっこするところを彼に見られるのは今回が初めてではありません。

でも、なんだか周囲が気になって、出そうでなかなか出ません。

辺りを見回して気持ちを落ち着かせたあと、そっと下半身を緩めました。

ビチャ、ビチャビチャビチャ…。

静寂のなかで、私のおしっこの音が私自身を辱めるように大きく響きます。

朝が早すぎて起きてからしてなかったので、たくさん出ます。

こんなところで…、こんな恰好で…。

しぶきが日に当たってきらきら光ります。

その時、彼が遠く後ろの方を見て「あ、人が来た」

私はびっくりしてしゃがみこみました。

「いやあ!」

心の中で悲鳴をあげながら、慌てておしっこを止めようとしても止まりません。

どんどんおしっこが股間から音をたてて勢いよく流れてしまいます。

コートの真ん中で隠れようもなく、私はおしっこをしながら小さく小さくうずくまるばかりでした。

そして、「うそだよ。冗談、冗談」

もう、Aさんのバカです。

「まともにうけとるとは思わなかった」

私だってまさかとは思ったけど疑ってる余裕もなかったもん。

おしっこが出終わったあとも、ほっとした私は足がすくんでしばらく立ち上がれませんでした。

Aさんにそんな意地悪をされながら、私はどうしていつも簡単に許してしまうのでしょう。

甘すぎますよね。

けれどもやっぱり好きだ、甘えたいということが根底にあります。

足にかかってしまったおしっこをタオルで拭いてもらったあと、私は怒りながら泣きたいような甘えたいようなおかしな気分で彼に抱きつきました。

空の下で、スカートの中に手を入れた彼は、「奥までベチョベチョだ。これ、おしっこじゃないね」

そして、コートの端のベンチに手をついて、後ろから貫かれました。

動きが激しくなるに連れ、かきまぜるようないやらしい音が耳につきます。

少し向こうにはさっきの二人のおしっこの交じった跡が見えます。

いけないことをしながら、明るい野外でという開放感があいまって、全身が震えるような快感が込み上げてきます。

私はいつのまにか我を忘れていました。

少し休んだ後、彼は折角だからテニスをしようと言います。

そのくせ、アンダースコートはおろかショーツも返してくれません。

ノーパンでテニスさせるつもりなのです。

けれども、さっきから誰も来る気配がありませんし、何しろ私はコートで立ちおしっこをした上エッチまでしたためか、今更というか羞恥心が麻痺して大胆になっていました。

ただ、ラケットを構えた瞬間、案の定、彼のミルクがあそこからこぼれたのを感じました。

さすがにそれで走り回るなんてのはちょっとできそうにないので、やっぱりホテルに戻ることにしましたが、彼はまた意地悪して知らん顔でさっさと一人で行こうとします。

このままでは、フロントやロビー、誰かが朝食をとっている食堂の前をテニスウエアにノーパンで横切らないといけません。

しかも万が一精液のしずくが垂れてきたりしたら…。

「お願いですから、パンティ返してください!もういじめないで!」

今度は私も真剣で、さすがにホテルの手前で返してくれましたが、それでも匂いをさせていたかもしれません。

彼は時々、私に恥ずかしい思いをさせて面白がるところがあります。

少しぐらいなら私だっていいんですが。

でも、野外でのエッチは開放感があって…Aさんがおっしゃったとおり確かにとても気持ち良かったです。

それに、立ちおしっこなんてまず普通は絶対できないことやっちゃったし。

旅の恥はかき捨てとはよく言ったもんですね。

SNSでもご購読できます。