小学生の頃、熟女が放尿していたのを目撃した体験談

熟女が野外で放尿
熟女が野外で放尿

僕の住む家は、街から離れた山間の小さな集落です。

僕の家から坂道をクネクネと降りると一件の家があるんです。

そこには、50歳位の熟女のおばさんが夫婦が住んでいます。

そのおばさんの子供は、もう大きくなって街に出て行った様で、普段はおじさんと2人で住んでいる。

ある日の事、僕が学校帰りに走って家に向かっていると、坂道の途中にある資材置き場の陰で熟女のおばさんが大きなお尻を剥き出しにし、放尿してたんです。

熟女が放尿・・・何て思うでしょうけど、本当に放尿していたんです。

熟女のおばさんの放尿は勢いも良く、”ジャジャ~”って感じでした。

「あら!カズ君に見られちゃったね」

余りの出来事に驚き、僕は逃げる様に家に走ったんです。

熟女のおばさんは、余り辺りを気にしないのか?その後も何度か放尿する光景を目撃したんです。

それ以来、僕はおばさんの放尿シーンが忘れられなくなりました。

数日が過ぎた時、またあの場所で熟女のおばさんが大きな白いお尻を剥き出しにして放尿していたんです。

僕は思わず立ち止まり、おばさんのおまんこをじっくりと覗き込んだんです。

「また見られちゃったね!カズ君には良く合うね」

「・・・・・」

「何か付いてるのかい?」

「ん~」

「おばさんのおまんこに興味あるのかい?」

僕は、熟女のおまんこをジッと見つめました。

熟女のまんこはどす黒く、ビラビラが大きかったと思います。

その先端から黄色いおしっこが出ていて、更に直ぐ近くにポッコリ膨らみが見えました。

「あんまり見られると、恥ずかしいわね」

熟女のおばさんがティッシュで股間を拭くと、スカートを下ろし「もう、終りね」

って言うんです。

「もう少し見せて・・・」

「ん~汚い所だから、ばい菌移ると大変でしょ」

「もっと見たいよ」

「他の人に見られると怒られるでしょ」

熟女のおばさんを見つめていると困った顔で、「じゃ、こっちにおいで・・・」

と手を取られ、資材置き場の中に連れて行かれたんです。

辺りを見渡すおばさんが「誰に言わないでね!2人だけの秘密にしよう」

そう言ってスカートを捲ってくれたんです。

大きな白いお尻のお肉の間に毛で覆われた割れ目が現れ、その上にアナルが見えました。

顔を近づけると、ウンコの匂いなのか?変な匂いがプンプンして、”臭いよ”と言ってしまったんです。

「匂うのかい?汚いからね!」

「大丈夫!もっと見ててもいい?」

「良いけど?何が楽しいんだい?」

「ここって」

そう言いながら、まんこの穴らしき所に指を入れると「あ・あ・あ・・・おまんこに指入れちゃダメでしょ」

「でも何か出て来てる」

「もう満足した?」

僕は熟女のまんこに指を入れ離そうとはしませんでした。

熟女のおばさんも気持ちいいのか?ドンドン汁が溢れ、太ももまで伝って流れていたんです。

もう、おばさんはハァハァと息を荒らし、何も言わなくなったので指を2本3本と増やしてみたんです。

そして、遂に僕の握りこぶしも全てまんこの中に入り込んでしまいました。

ぬるぬると生暖かい体内!初めての経験でした。

そして、熟女のおばさんのまんこに手を入れながら、僕はその前にある突起物(クリトリス)を弄って見たんです。

「カズ君・・・そこ気持ちイイの・・・おばさんそこが気持ちイイの」

「ん~」

熟女のおばさんが求めて来るので、クリトリスを弄っていると、おばさんがブルブルと震え、力が無くなった様に、その場に横になったんです。

熟女のおばさんは、その後も何度か僕におまんこを見せてくれたり、触らせてくれました。

小学校5年だったと思います。

1年位は続き、そのうち、僕が恥ずかしくなって、熟女のおばさんと目を合わせなくなって自然消滅です。

今、おばさんは55歳位だと思います。

僕も高校生になり、性について勉強しました。

今思えば、ちんこ舐めて貰えば良かったかな?と思うんです。

SNSでもご購読できます。