泥酔したOLとセックスして顔射した体験談

セックスした後は顔射
セックスした後は顔射

この前、前の職場のみんなと久々に飲んだ。

男2女4。

職場の女はかわいいが全くムラムラこないので、エロい下心は持ってなかったのだが、新人の女が入ったらしく、この場にも来ていたのだが、なかなかかわいい顔をしていた。

このときは、まさかこの後顔射する事になるとは夢にも思ってなかった。

それはさておき、時間が経ち、女が一人つぶれた。

この女はいつもつぶれるのでこれは想定内。

みんな勤務先がビジネスホテルで、つぶれた子は翌日朝から仕事だったので、働いてるホテルの部屋に寝せようという話になった。

最年長の俺とつぶれた子、そして最終電車がなくなったという新人の女の子の合計3人でタクシーに乗り、前の自分の勤務先に行った。

つぶれた子はまともに歩けない状態で俺がおんぶして部屋まで連れて行った。

そしてベッドに寝かせると服を着たままあっという間に寝てしまった。

つぶれた女は重いな・・・と思いながら一息付くと、隣にもう一人女がいる。

新人の女だった。

この子も目立たないけどかなり酔ったらしく、つぶれた女と同じベッドで寝ていく。

という。

俺は帰ろうと思い、腰を上げた途端。

新人が抱きついてきた。

ちょっと待てよと思いながらも、俺もベッドに倒れこんでしまった。

つぶれて寝てる女の後輩と同じベッドで初めて会った新人女とセックス・・・頭の中は天使と悪魔が戦っていた。

・・・酔いも手伝ってか、結局新人の女と唇を重ねてしまった。

しかし!!!コンドームがないことに気がついた(汗)最初にも言ったが、下心のある飲み会では全くなかったので、こういう事態を想定していなかったのだ。

俺「・・・コンドームないから無理だって!」

新人「外に出してくれれば大丈夫ですよ~」

今日会ったばかりのかわいい女の子にこんな言葉を吐かれた俺は、ついに理性を失ってしまった。

新人はこのシチュエーションも手伝ったのだろうが、かなり敏感な体質で、触るだけでビクンと体が反応していた。

そんな感じなので、紐パンを脱がすともうクンニする必要のないぐらいまんこがびしょ濡れ。洪水状態。

それを見ると俺も興奮してしまい、隣(ダブルベッドの端っこ)に後輩が寝ているのも気にせず、生のままちんこを深く挿入してしまった。

ちんこを何回かリズム良く打ちつけると、袋があたるペタっぺタっと言う音がいやらしく響き、後輩が起きないか冷や汗ものだ。

二人とも、端に後輩が寝ているというシチュエーションにかなり興奮状態。

程なく、、、新人「○○さん、イっちゃう!!!」

俺も普段彼女とはコンドームつけてのセックスなので、生の快感に耐えられず、すぐに射精感に襲われた。

最後は後輩起きてもいいやと思い、新人の腰骨のあたりを両手でつかんで思いっきり突いた。

出るっ!と思って慌てて抜いたと同時に精液が飛んだ。

新人の顔まで飛んで行ってしまった。

新人「顔射されたの初めてです。・・なんか暖かいですね」

後輩から翌日、感謝のメールが届いた。

「介抱させてすみません」

だって。

隣で行われた情事には全く気付いてないようだった。

俺は心の中で、「こちらこそ、つぶれてくれてありがとう」

とつぶやきました。

終わり

SNSでもご購読できます。