ナースのメル友が入院したんでお見舞いに行きナースとエッチした体験談

ナースとエッチ
ナースとエッチ

26歳のナースのメル友がいた。

もちろんメールだけが目的なわけではなく、どうにかして会う方向に持っていこうとした。

相手はナースで、なかなかオレとは休みが合わない。

良い感じになってきたから、「ドライブに行こう」

なんて誘って、向こうも乗り気になってるのに、何だかんだで2週間くらい都合がつかなかった。

そしたら今まで毎日していたメールが途絶えた。

返事が来ない。

あーぁ、放流されたか…

と思って他を探そうかと思っていたら、そのナースからメールが来た。

「盲腸で入院しちゃった。寂しいから見舞いに来て」

だと。

ナースが入院ってww

まあナースも人間だからなww

で、半信半疑のまま教えられた病院に行き、病室へ向かう。

満員の6人部屋の病室の入り口に、彼女の名前があった。

恐る恐るカーテンを開けると、そこには確かに、ベッドに横たわる写メ通りの女がいた。

薄化粧だったが可愛い。

写メより実物の方がオレ好みだった。

若い時の稲森いずみに似ている。

初対面が病室という異常さを感じながらも「具合はどう?」

などと普通に会話。

盲腸だが手術もなく、ほぼ回復しているのに退院はまだ先で退屈しているという。

そんな話をしながらも、目の前にはかわいい女。

しかもTシャツの下は恐らくノーブラで、短パンからは生足が美味しそうに伸びている。

普通の病院の病室で、カーテン1枚を隔てて周囲には人が居るというのに、俺は興奮を隠せなかった。

コソコソと小声で話していたのだが、彼女が突然俺の耳に顔を寄せると「来てくれたお礼に、おっぱい触っていいよ…」

と囁いてきた。

カーテンを閉め切ってあるとは言え、満員の6人部屋である。

少し躊躇したが、こんなラッキーを逃す手はない。

オレはベッドに腰掛ける彼女の横に並ぶと体を抱き寄せ、Tシャツの上から胸を触る。

やはりノーブラだった。

乳首の辺りを擦っていると、乳首が勃起してきた。

彼女が溜息混じりに声を出すので、キスで口を塞ぎながら胸への愛撫を続ける。

舌を絡め合いながら、ナマおっぱいをゲット。

乳首を摘み上げると、彼女は眉間に皺を寄せながら感じているようだった。

この時には、彼女はベッドに横たわり、オレが添い寝するかのように覆い被さるような体勢になってた。

キスしていた口を離すと、彼女から「おまんこも触って…」

とのリクエスト。

短パンが邪魔だったので、彼女に腰を浮かしてもらって抜き取った。

この時パンツも一緒に脱がした。

極力音を立てないように手マンを始める。

彼女は自分の口に手を当てて、声が漏れないようにしながらも感じている。

おまんこの周辺から円を描くように愛撫し、徐々に中心部へと指を近づけていく。

指がクリトリスに到達した時は、彼女の腰がビクビクと指の刺激に合わせて動いた。

既におまんこはトロトロになっていて、指をくっと押し付けただけでズブズブと膣の中に入っていく。

指を2本にして挿入したが、あまり激しく手マンするとアエギ声が出るかもしれないので、ゆっくりじっくり出し入れしてやった。

その頃にはオレもちんこを挿入したくて堪らなくなってて、おもむろにベッドの上に膝立ちになると、彼女の顔の前にちんこをさらけ出した。

ノータイムで俺のちんこを咥え、フェラを始めるナース。

手マンでまんこを掻き回されながらだ。

ここで誰かにカーテンを開けられでもしたら、ナースもオレも叩き出される事は必至。

それでも俺は手マンを、ナースはフェラをし続ける。

無言で、静かに。

少しの時間だと思っていたが、今考えれば結構長い時間そうしていたのかもしれない。

オレは無言でフェラを続ける彼女を制し、彼女の脚の間にを移動する。

彼女は潤んだ瞳で、ちんこを期待するかのようにオレを見つめている。

脚は思いっきりM字開脚だ。

ご期待に添うべく、ちんこをまんこにそっと触れさせると、それだけで彼女の体がビクンと跳ねる。

腰を押し出すと、トゥルッという微かな抵抗を感じつつ、ちんこが膣口を通過する。

あとは何度かの浅いストロークを経て、ナースのまんこの奥深くまでがっちり挿入してやった。

結合部を見ると、入院生活であまりまんこを洗えないのか、ややマンカスの付いた、それでいて綺麗な形のまんこ。

匂いは無い。

オレは一層物音を立てないように気を遣いながらも、徐々にピストンの速度を上げていく。

ひょっとしたらベッドがギシギシと音を立てていたかもしれない。

彼女は両手で口を塞いで、必死にアエギ声を我慢している。

異常なシチュエーションに興奮していた俺は、いつもより早く射精した。

もちろん中出しだ。

ドクドクと射精が始まると、彼女のまんこが収縮するかのように締め付けを増した。

彼女が「え?中出し?」

と小声で言っていたが聞こえないふりをした。

セックスに集中していたせいか、気付かなかったが、何事もなかったかのような病院特有の生活音が聞こえてくる。

同室のお見舞いのおばちゃんの日常会話も聞こえてくる。

そんな中で、オレは初めて会ったばかりの女に中出しをしているのだ。

オレも彼女も荒い息をしている。

最後の一滴まで中出し後、今更かもだが、音を立てないように、そっとちんこを引き抜いた。

ベッドサイドのティッシュを手に取り、そそくさと後処理をする俺達。

彼女はまんこにティッシュを当てたままパンツを穿いた。

そろそろ回診の時間だと言うので、トイレに行って精子を出してくるという彼女を見送って、何事もなかったように俺は病室を後にした。

後で聞いたのだが、彼女が入院していた病院は、彼女の勤務先だった。

その後も連絡を取り合っていたが、仕事のせいであまりタイミングが合わなかったので、たまに会って中出しさせてもらうという関係止まりで、付き合うまでには至らなかった。

こんな事もう2度とないだろうな。

SNSでもご購読できます。